ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


プロフィール

Rico

Author:Rico
小さい頃母から習った編み物を思い出しつつ、あみあみし始めたら編み物にはまりました。
現在はかぎ針編み中心に編んでます。
編み物の事、日々の事など緩やかにつづっていきたいと思います。どうぞよろしく。

最新記事
カウンター
カテゴリ
全記事表示

全ての記事を表示

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブックレビュー】おしゃれな世界のニットレシピ

tokuko.jpg

「おしゃれな世界のニットレシピ」が届きました。
Amazonで注文していたのですが、27日到着予定となっていたけれど結局25日には届きました。
待っていたので、早く届いて嬉しい♪



登録のみになっているRavelryをどうにか活躍したい思いでの購入です。
英語という敷居は私には本当に高くて・・・(笑)
ネット上でもいろいろな方の解説ページなどもありますが、毎回調べるとなると大変ですし、基礎本の感覚でパラパラめくりながら使えるのはとても嬉しい事です。

ステキな作品編んでらっしゃるな~と思ったら、Ravelryからってのは最近とても多いです。
日本のデザイナーの方の作品も、もちろんステキなものが沢山あるけど、きっと世界中にはもっともっと色々な作品があるんですよね~。
私の見聞も広げて行きたい!!

で肝心の内容ですが、
巻頭は日本人が編んだ英語のパターンと言うことで、写真での紹介ページが16ページほど。
その後
1 編みたいパターンを探す
2 好きなデザイナーを見つける
3 海外のアイテムで編む
4 編む人の話
5 Ravelryを使う
6 英語パターンを読む

という構成になっています。
”1~3”まではとにかくいろんな視点から海外のステキなサイトの紹介がされており、そのうち是非色々とおじゃましてみたいです。
編む人の話では、amirisuでご一緒されているメリさんとの対談も。
Ravelryのページでは登録の仕方から使い方まで詳しく解説してあったので、編みたいものがひと段落したら取り組んでみたいと思います。
6では英語パターンの構成からはじまり、号数比較表や略語表、編み方の解説、覚えておくと役立つテクニックなどが紹介されています。
編み図というか、パターンのサンプルはヨークのセーターと靴下のみ。
なので、編み本というよりかはやはり解説本です。
著者であるオチアイトクコさんのHP”KNIT WORK Kemukujyara ”内にあるブログの中で、ご本人が以下のような記事をかかれていますので、買おうか迷われている方はご参考にされてはどうでしょう♪

本の宣伝活動@初心者向け
本の宣伝@上級者向け

とてもステキ本でしたが、残念な事にかぎ針のものは用語の解説も載っていませんでした(T_T)
以前どこかで、”海外ではどちらかというと棒針の方が主流でそちらの方が編み人口が多い”というのを、目にしたことがあるので、しょうがないのかもしれません。
確かに日本でもRavelryから編まれている方は、ほとんどが棒針の作品の様な気がします。
でもRavelryの中にもcrochetの分類はあるのでまずはそこから見ていきま~す。
あ~でもそうなると、略語表はどこからかひろってこなきゃですね(^_^;)
以前ブロ友さんなどに教えていただいたサイトなんかをまた巡ってみよう♪
とりあえず「新たな世界とこんにちは♪」
となれるようにちょっとずつステップアップしていきたいです(*^^)v





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。