ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


プロフィール

Rico

Author:Rico
小さい頃母から習った編み物を思い出しつつ、あみあみし始めたら編み物にはまりました。
現在はかぎ針編み中心に編んでます。
編み物の事、日々の事など緩やかにつづっていきたいと思います。どうぞよろしく。

最新記事
カウンター
カテゴリ
全記事表示

全ての記事を表示

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"かぎ針編みの小さなアクセサリー" より Part2

かぎ針編みの小さなアクセサリーより今回は蝶と花を編んでみました(^^♪

ちなみにPart1はこちら → 

peikko4.jpg

花に向かって蝶が飛んでいっているように見えるかしら?(笑)
蝶の羽は昨日編んだ基本のモチーフの葉っぱ2枚がベースになっています。
本ではもっと細い糸ですが、私は今回は20番の糸で編んでみました。

そしてお花。コチラも葉っぱのモチーフ3枚がベースになっています。
コチラは40番の糸で編んでみました。
そしてふちどりはミシン糸60番を二本どりで、ぐるりと細編み。
じつは二本どりでもまだ細すぎた様で、少し回りがつっぱってしまいました。
三本どりや四本どり位でよかったかもと思っています。
でも差し色をいれたのは正解だったみたいで、パッとあかるくなりました。

peikko5.jpg

花芯の編み玉はベージュの糸で編んでいます。
編み玉の中には直径約8ミリのビーズを入れています。
おかげでキレイにコロンと丸くなりました!!

同じモチーフから作っても糸の太さ、組み合わせ方、色でいろんなものが作れるのですね。
すごいです。

前回もちょっと触れましたが、参考にしたpeikkoさんの今回の本の作品はとにかく繊細です。
40番以上の細い糸(60番や80番の方が多い)を使用されていて、もちろんその分針も細い。
ちなみに使用された針で一番細いのは24号みたいなのですが、そんな細い針でもちゃんと糸がひっかかって編めるんですね。
編み物の奥深さをまたまた垣間見る本との出会いでした。

cover3.jpg
*参考書籍 「かぎ針編みの小さなアクセサリー」*

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。