ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


プロフィール

Rico

Author:Rico
小さい頃母から習った編み物を思い出しつつ、あみあみし始めたら編み物にはまりました。
現在はかぎ針編み中心に編んでます。
編み物の事、日々の事など緩やかにつづっていきたいと思います。どうぞよろしく。

最新記事
カウンター
カテゴリ
全記事表示

全ての記事を表示

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリムパス 【クロス・ステッチモニター】に挑戦♪

オリムパスの「クロス・ステッチモニター」に応募したら嬉しいことに当選しました♪

でも刺繍は子供の頃に母に習って少しやった事があるくらい。
ましてクロス・ステッチは初体験です。
上手くできるかなぁと心配でしたが、一度やってみたかったのでワクワクしながら早速挑戦o(^o^)o

添付の説明書もあるのですけど、クロス・ステッチは初めてなので、とりあえず図書館でこんな本も借りてみました。


「クロスステッチの基礎BOOK」

送られて来たキットは3点。
布、クロス・ステッチ用の針、刺繍糸

モニター

やったことがないものに挑戦するには、道具も揃えないといけないしハードル高いですよね。
こんなキットがあれば、どんな感じなのか確かめられるし、さらに楽しめてとてもいいですね(^_-)-☆

ちなみに今回のキットは販売されていないようですが、オリムパスさんで様々なキットを販売していらっしゃるようです。
クロス・ステッチは小さなキットから大きなキットまで沢山ありましたよ。 
→ コチラ
そして今一番のおすすめは、ウェルカムボードのししゅうキットととのことです。
キットとはいえ様々なパーツを自分で選択することができオリジナルデザインで製作できます。
私もちらっと覗かせていただきましたが、とても楽しい仕組みでした。 
→ コチラ


さて話を戻しますね。
下準備として布がほつれないようにかがって、中心点もとりました。
刺繍糸もよりをいったんほどいてから必要本数を用意して使用しますとのことでしたので準備してスタート。

monitor1.jpg

さし方には色々あるようなのですが、作り方のレシピには図案が載っているだけでした。
どこからスタートしたらいいのか?次はどの目に進んだらいいのかさっぱり分からず図案とにらめっこ。
解説や図書館の本をみながら以下の点に気を払いながら刺そうと、自分なりにルールを決めてみました。

1・×(クロス・ステッチ)の上に通る糸が必ず同じ方向に揃うようにさす。
2・布の裏目にでる糸がなるべくキレイになるように、隣あったマス目でさしていくようにする。

大きな図案だと横や縦は連続して刺す方がいいようですが、今回は小さい図案なので結局一目一目さして行く所が多かったように思います。
刺し始めや刺し終わりも玉結びをせず糸端をステッチの裏側に通して処理しますとの事。
こんな感じ?

monitor11.jpg

それらを考慮しながら、刺していきました。
最初戸惑っていたステッチも何回かさすと、少しなれてきてどんどん色を重ねていきます。
形が見えてくるとテンションもあがります↑↑
今回はクロス・ステッチの他に、”バック・ステッチ”<黄色のお花部分>、”フレンチナッツ・ステッチ”<トリさんの目>をという方法が使用されていました。
刺せました!!

monitor6.jpg

と、ここまで刺すのに大体3~4時間でした。
あとは出来上がりサイズになるように、四隅を折り額縁仕立てのようにします。
本当は刺し終わったら、糸端をすべてカットしてキレイにしなくちゃいけないんですけど、それをする前に写真とっちゃいました(^_^;)
なのでこんな汚い写真ですみません。

monitor8.jpg

表に返せばほら出来上がり!!

monitor9.jpg

とここで、本当は完成なのですが・・・
私、普段編物をしているので周りにレース糸でエジングをとりつけてみました。


*エジングの参考書籍 「イチバン親切なレース編みの教科書」*

エジングをとりつけてから最後のアイロン仕上げもして完成で~す。

monitor13.jpg

せっかくの刺繍が見えるように上には小さめの飾り物がいいかなぁと思ってこんな感じでの使用を考えています。

monitor12.jpg

今回ブログで紹介するにあたり、過去の記事を1つの内容にまとめさせていただきました。
内容は、ほぼ重複するのですがよろしけれ以下の記事もご覧ください(^^♪

【クロス・ステッチモニターに当選しました】はこちら
【クロス・ステッチ製作日誌 1】はこちら
【クロス・ステッチ製作日誌 2】はこちら
【クロス・ステッチ製作日誌 3】はこちら

とてもたのしい経験ができてよかったです。
これからもこんなモニター企画があったら応募してみたいと思います。

スポンサーサイト

クロス・ステッチ製作日誌 3 <エジング編>

クロス・ステッチ製作第3回目です。

【クロス・ステッチ製作日誌 1】はこちら
【クロス・ステッチ製作日誌 2】はこちら

クロス・ステッチは終了しましたが、思いつきで勝手にエジング編んでます。
だって布にちょうどいい穴が開いてましたから(笑)

monitor10.jpg

とりあえず土台となる部分を編みます。
40番のレース糸8号針で編んでいます。
細編み+鎖1目の繰り返しです。

でもって模様の方は、穴の数を数えて間隔などを考慮してちょうど良さそうな柄を手持ちの本などから探してみました。
ほぼコチラの本にのっていたハンカチのエジングの模様どおりなのですけど、角の部分だけ目数の関係でほんの少しだけアレンジしてあります。


*参考書籍 「イチバン親切なレース編みの教科書」*

出来ました~。
オリジナル作品のようでなんだか嬉しい♪

monitor13.jpg

今回はモニターとして選んで頂いたので作成内容をブログ等にてレポートすることになっています。
と言う訳で、明日はモニターとしてのまとめ内容の記事をアップしたいと思っています。
毎日読んでいただいてる方は内容が重複しますがご了承下さい<(_ _)>

クロス・ステッチ製作日誌 2

クロス・ステッチ製作第2回目です。

【クロス・ステッチ製作日誌 1】はこちら


いくつかの下準備をして早速刺しはじめました。
これは最初の濃いピンクを刺し終わったところ。

monitor4.jpg

刺し始めは玉結びをしないので始めます。と昨日の記事にも書きましたが、刺し終わりも同じく玉結びをせず糸端をステッチの裏側に通して処理します。

monitor11.jpg

最初戸惑っていたステッチも何回かさすと、少しなれてきてどんどん色を重ねていきます。
形が見えてくるとテンションあがります↑↑
今回ステッチは基本の”クロス・ステッチ”がほとんどですが、”バック・ステッチ”と、”フレンチナッツ・ステッチ”の3種類で刺していきます。
”バック・ステッチ”は黄色のお花部分で、”フレンチナッツ・ステッチ”はトリさんの目で使用してます。
で、刺繍部分は完成。ここまで3~4時間といったところでしょうか?
思ったよりすんなり刺せて良かった良かった。

monitor6.jpg

で続いて仕上げです。
出来上がりサイズになるように、四隅を折り額縁仕立てのようにします。
4隅の角は切り落として、キレイに折りたたんでまつります。
4隅をまつったら、周囲もぐるっとまつります。
本当は刺し終わったら、糸端をすべてカットしてキレイにしなくちゃいけないんですけど、それをする前に写真とっちゃいました(^_^;)
なのでこんな汚い写真ですみません。

monitor8.jpg

表に返せばほら出来上がり!!

monitor9.jpg

あとはアイロン仕上げなのですが・・・
実はこの布見たときからずっと考えてたんです。四角い布に端っこに穴がずっと開いている。。。
ってね!!
一応初心者ですが”ニッター”なんで(笑)、これを見たら・・そう【エジング】です!!!
絶対いいと思うんですよ(^_-)-☆

なので説明書にはもちろん載ってませんけど、勝手につけちゃいます。
それをしてからアイロン仕上げをしたいと思います。

次回製作日誌3に続きま~す♪

クロス・ステッチ製作日誌 1

オリムパスの「クロス・ステッチモニター」に当選したので、早速製作を開始しました。
添付の説明書もあるのですけど、クロス・ステッチは初めてなので、とりあえず図書館でこんな本も借りてみました。


「クロスステッチの基礎BOOK」

送られて来たキットは3点。
布、クロス・ステッチ用の針、刺繍糸

モニター

布はクロス・ステッチ用の布で「ジャバクロス」というブロック織の布でした。
しっかり縦・横にマス目が整っているので、初心者の私でも刺しやすそう♪
刺す前の下準備として布ふちがほつれないようにかがって下さいとの事。
あらかじめ布に小さな穴があるのでとてもかがりやすく、すいすいとしかもキレイにかがれました。
中心点もとらないといけないので中心点もまち針でとってみました。

monitor1.jpg

さていよいよ始めですが、その前にもうひとつだけ準備がいります。
刺繍糸はあらかじめ6本の糸がゆるくよりあわされています。
クロス・ステッチで使う際は、一本づつに引き抜いてほぐして、必要本数そろえなおして使いますとの事。
糸を準備してまずは濃いピンクからスタートです。

monitor2.jpg

さし方には色々あるようなのですが、作り方のレシピには図案が載っているだけでした。
どこからスタートしたらいいのか?次はどの目に進んだらいいのか分からず図案とにらめっこ。
解説や図書館の本をみながら以下の点に気を払いながら刺そうと、自分なりにルールを決めてみました。

1・×(クロス・ステッチ)の上に通る糸が必ず同じ方向に揃うようにさす。
2・布の裏目にでる糸がなるべくキレイになるように、隣あったマス目でさしていくようにする。

大きな図案だと横や縦は連続して刺す方がいいようですが、今回は小さい図案なので結局一目一目さして行く所が多かったように思います。
クロスステッチの刺し始めは糸を結びません。
こんな感じで裏側に糸を残し最初の何針かを糸の上から差し止めます。

monitor3.jpg

連続してない色はもうひとつの方法でとめてみました。
こんな感じで裏側に輪がくるように刺して、輪の中に糸を通してとめます。

monitor5.jpg

と、今回はここまで。
製作日誌2に続きま~す♪

クロス・ステッチモニターに当選しました

オリムパスで募集していた「クロス・ステッチモニター」に応募していたところ、当選したようでキットが送られてきました(*^^)v

モニター

刺繍は編物と同様に小さい頃母に習ってほんの少しやった事がありますが、クロス・ステッチは初めてです。
上手くできるかなぁ。
ちょっと心配ですが、一度やってみたかったのでワクワクしてますo(^o^)o

編み物を沢山するようになって、他の手仕事にも色々と興味を持つようになりました。
でもやったことをないものにとりかかるには、道具も揃えないといけないしハードル高いですよね。
こんなキットがあると、ちょっとどんな感じか確かめられてしかも楽しめていいですね(^_-)-☆

モニターなので、作成の様子などをブログで紹介する予定です。
お楽しみに~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。